ドッペルギャンガー自転車に関するムダ知識?(ドッペル トリビアの穴)

本スレで、

ドッペルは何年前から設立?
初号機はどんな型?

という投稿があったので、折角なので、調べてみました。ググっただけなので、間違いとかあるかもしれません。




ドッペルギャンガーとは?
ビーズ株式会社(創業1997年)が、企画、開発、デザイン、輸入、販売を行っている、自転車・スケートボード・アウトドア商品のブランド(アウトドア商品のブランドは、正確には「ドッペルギャンガー アウトドア」)。
※ 登録商標(登録番号:第4846878号 、出願日:平成16年(2004)7月28日、登録日:平成17年(2005)3月18日 )では、「商標:DOPPELGANGER」 、「称呼:ドッペルガンガー,ドッペルゲンガー,ドッペルギャンガー」となっている。一部筋で、「『ドッペルギャンガー』は読み間違い」説が出ていたが、商標登録出願時に、より一般的な読み方である「ドッペルゲンガー」も含まれていたことから察するに、商標としての独自性を強調するために、敢えて少数派の読み方である「ドッペルギャンガー」を採用した…とも考えられる。
※ 「ビーズ株式会社の自転車ブランドは、ドッペルギャンガーである」というわけではない。現在でも、サーブトニーノ・ランボルギーニブランドでの自転車を発売している。また、後述するが、ドッペルギャンガー以外の自社ブランドでも自転車を発売していた実績がある。従って、「ビーズ株式会社が現在発売している、自社ブランドの自転車は、ドッペルギャンガーである」ということになる。


初のドッペルギャンガー自転車は?
まず、ドッペルギャンガー商標が登録された2005年3月以前にも、ビーズ株式会社から自転車が発売されていたことに注意。当初は、ダーツで知名度のある「BLITZER」ブランドで発売されている。たとえば、BMX車のX-5X-6、など。ちなみに、GLANZというブランドでも発売されたことがある。Low_Riderとか。
最初にドッペルギャンガーブランドで発売された自転車は、当時の記録を見ていないので分からないが、価格.comのデータから察するに、FD10~FD15あたり(現行1xxシリーズ相当)かと思われる。一部は、既発売の「BLITZER」ブランドからのマイナーチェンジモデルっぽい。なお、アメリカンチョッパー自転車 DOPESTERなんてものも出ていたらしい。
※ ザガの兄貴が扱いだしたのが2005年12月のこと。


ロングセラーモデルってあるの?
現行モデルの202が、最初に発売されたのは2006年8月。現行モデルは、一番最初に世に送り出したときに比べると、実に85%以上がアップデートを受けているとのこと。


過去に出ていたモデルは?
販売終了モデル諸元比較表 販売終了製品一覧からどうぞ。




というわけで、まだまだ追加修正するかも。

この記事へのコメント

通りすがり
2013年05月18日 17:16
いや・・・読み間違い”説”じゃなく確実に開発者の無知による間違いですし・・・。ドッペルゲンガーは”一般的”な読み方じゃなく正しい読み方ですし。
なんでAウムラオトなのか分かってないんですかね?