ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS DAHON 2017モデルをチェック!(International Model)

<<   作成日時 : 2016/09/11 11:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【9月22日追記】Visc D20に関する記述を追加・訂正しました。また、取扱に関する記述も追記しました。

8月末には、EUROBIKEという自転車ショーがドイツで開催され、そのタイミングを受けて、日本国内でも次年度モデルの発表会を行う代理店が多いようです。

その中の一つ、DAHONについては、国内では2系統に分かれての販売になっていることは、既に拙blogでもお伝えしているところです。そのうち、アキボウ扱いのモデルについては、既にPDFで暫定版カタログが公開されている旨、Facebookで告知されています。そこで、「もう一方」のInternational Modelにつきまして、Blog「【2017new model】DAHON INTERNATIONAL フルラインナップ ご紹介します!!」(Y's Road環八R・1号店)、「【2017】DAHONとDAHON」(Y's Road横浜店)、および「2017 DAHON展示会へ行ってきました!」(バイシクル・セオ新松戸店)の記述を参考に、2017モデルを紹介してまいります。
なお、上記2系統の取扱店の見分け方ですが、おおざっぱに言うのであれば「チェーン店は International Model」「個人店はアキボウ扱い」と覚えておけば、だいたい合っているはずです。(但し、2017は少々違うかも…)

【追記】【展示会レポート】DAHON2017年モデル!DAHONファンの皆様大変お待たせしました!圧巻のラインナップ!!(Y's Road大宮店)によると、Y's Roadに関しては「2017年度より、AKIBOさんと武田産業さんのどちらのDAHONもお取り扱いが可能になります!!」とのことです。

  • Vigor LT11(11速、9.9kg(w/o pedals)、380,000円+TAX)New!
  • Vigor D11(11速、9.8kg(w/o pedals)、198,000円+TAX)※仕様変更、価格変更↑
  • Visc D20(2×10速、11.0kg?、123,000円+TAX)※仕様変更
  • Mu SP9(9速、11.1kg、99,000円+TAX)[451サイズホイール]
  • Vitesse D8(8速、9.9kg(w/o pedals)、89,000円+TAX)New!
  • Speed D8(8速、12.1kg?、79,000円)※価格変更↓
  • Boardwalk i5(内装5速、12.7kg、66,000円+TAX)New!
  • Vybe D7(7速、11.8kg、49,800円+TAX)※価格変更↓
  • SUV D6(6速、13.4kg、33,000円+TAX)※仕様変更
  • EEZZ D3(3速、9.7kg?、130,000円+TAX)※仕様変更

この中で、いくつか気になるモデルを取り上げていきましょう。

  • Vitesse D8(8速、9.9kg(w/o pedals)、89,000円+TAX)

Vitesseといえば、2011年モデルまで国内取扱のあったVitesse P18を思い出される方もいるかもしれませんが、久々の復活となりました。この価格帯で重量が10kgを切っているというのは驚異的ではないでしょうか。ペダル別重量とはなっていますが、ペダルがXP Ezyであれば問題無さそうです。
見たところ、ディレイラーはClarisを使っているようです。タイヤはKENDAですが、比較的重いKWESTは避けたようです。それにしても、dahon.comサイトに掲載されているVitesse D8の重量が12.7kg(!)ですから(但しマッドガード・リアキャリア付)、かなり頑張って軽量化したということでしょうか。

機会がありましたら、ぜひ試乗してみたいと思います。

  • Boardwalk i5(内装5速、12.7kg、66,000円+TAX)

スポーツ車指向の方には不人気のためか、国内ではあまり取扱の無い内装変速ですが、エントリーモデルに投入してきました。内装変速ハブはNexus5速という、最近のシティ車(いわゆるママチャリ)に装着されているものと同じもののようですが、3速よりは変速比の幅が大きいので、ちょっとしたサイクリングなら十分使えるのではないかと思います。
なお、内装変速化のためか、2016モデルのBoardwalk D7(12.2kg、60,000円+TAX)より若干の増になってしまってはいます。何とか輪行できる重量ではありますが、チェーンガードが装着されたとのことでもあり、普段乗り指向の方向きなのかとも思われます。
同じNexusでも、8速モデルだとプラス1kgになるようなので(esr Magnesiaの場合…もっともあちらはローラーブレーキですが)、逆に「よくプラス0.5kgで済んだな」とも思います。それだけNexus5速が軽いのかな。

なお、国内のInternational Model公式サイトとなるダホン・ファンサイトでは2017モデルの掲載はまだありませんが、比較すると

  • Mu LT11
  • Visc. D20
  • Qix D8

がラインナップから外れたようです。Mu LT11については、Vigor LT11が後継という位置付けでしょうか。
【追記】Visc D20は、当初執筆時点では確認できなかったのですが、継続(仕様変更、フロントディレイラーをTiagra4600→Tiagra4700に変更)です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DAHON 2017モデルをチェック!(International Model) ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる