ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS ESRマグネシア(サイクルスタイル×ミニベロフェスタ、プレミアムバイクインプレッション)

<<   作成日時 : 2014/05/27 23:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

HMRミニベロの発表で、にわかに注目を集めている感のある、小径車・折りたたみ自転車ブランドの esr Magnesia ですが、二週連続でイベント出展しておりました(サイクルスタイル×ミニベロフェスタプレミアムバイクインプレッション)。特に、プレミアムバイクインプレッションでは、これまで展示のみだったHMRミニベロの最上位モデルが試乗できるとあって、多くの来場者が試乗されていたようです。


さて、当blogの守備範囲であります折りたたみ自転車ですが、久々に新モデルが登場しています。とはいえ、廉価モデルですが。

画像

(写真手前)P-202B(外装6速、11.48kg、49,000円(税別))
税別ながら、5万円を切るモデルの登場です。

画像

シフターはレボシフト。直観的な操作ができるという意味では、初心者向けかもしれません。

画像

スプロケットは、14-28Tのボスフリーですが、6速となりました。ディレイラーも若干のグレードダウンで、RD-TY21となっています。これまでのP201-NやP202-Nよりは1枚ギアが減ったわけですが、トップとローの歯数は同じ。むしろ、加速時のシフトチェンジのタイミング的には、ボスフリー7速より6速のほうが使いやすいかと思います。

画像

リアキャリアとマッドガードは…標準装備ですか?(通販サイトを見たら、両方オプションと書いてあるのですが…。)

画像

フォークは、P201シリーズと同じ、やや曲線の入った形状。実は、スチール製フォークです。従って、前ハブのオーバーロックナット寸法(OLD)が100mmではなく74mmとなっています。カスタム派の方は要注意ですね。

重量は、公称 11.48kgとのことです。P201-Nが公称10.7kgでしたが、プラス7.8kgとは?? マッドガード+キャリア装備状態なのでしょうか?

普段も乗るけど、週末には輪行もしてみたい…という方には、とりあえずの1台としてよいかもしれません。

画像

さて、守備範囲「外」の話題ではありますが、注目のレーシングミニベロ「HMR」に触れないわけには参りません。特に、プレミアムバイクインプレッションにおいては、電動デュラエース装着の最上位モデルで、神宮外苑の周長約1.2kmの試乗コースを走ることができましたので、ほぼ通常の使用状況に近い環境での試乗ができました。

…いやぁ、普段乗っている折りたたみ自転車達とは次元が違う走りでしたね。ペダリングのパワーがそのまま走りに出る…とでも表現したらよいでしょうか。

電動シフターは、操作−シフトチェンジが確実に伝わる感じがよいですね。慣れないと、つい操作時に力を入れてしまいますが。


価格がなかなか凄いことになっていますが、妥協せずにつくった最上位モデルならではのプレミアム感がある1台でしょう。


なお、HMRシリーズの受注方法はまだ公式発表が無いようですが、とりあえずは、最寄のディーラーにご相談いただきたい…とのことです。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ESRマグネシア(サイクルスタイル×ミニベロフェスタ、プレミアムバイクインプレッション) ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる