ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「湘南バイシクル・フェス2013」レポート

<<   作成日時 : 2013/02/27 22:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年も、平塚競輪場にて湘南バイシクル・フェスが開催されたので、行ってきました。

画像
画像

まずは、毎度おなじみのESRマグネシア。今回は、はじめて自社ロゴ入りのテントのお目見えとなりました。「magnesium alloys」(マグネシウム合金)の文字が目立ちます。

画像

さて、展示・試乗車で新しいモデルは特にありませんでしたが、折りたたみ車Pシリーズの主力モデル、P202-R(8速、10.5kg(ペダル・スタンド等別)、61,950円)で、前回の修善寺で展示されていた新色(イエローイッシュゴールド)とは別の新色モデル(ミステリアスパープル)が展示されていました。

画像
画像

見る角度によって、色合いがかなり異なって見える…というのが、色名の「ミステリアス」たる所以のようです。メタリックな感じも美しいです。

画像

マグネシウム合金フレームを磨き出したサンプルも展示されていました。マグネシウム合金の場合、耐蝕性を考慮すると表面処理は必須のようですが、磨き出しのメカニカルな雰囲気もよいですね。

なお、昨秋のサイクルモード/サイクルモードフェスタで発表されていた、高速走行志向の軽量ミニベロDシリーズが、ようやくデリバリー開始の運びとなったようです。ドライブトレインをシマノTiagra 4600で統一した2×10速モデルが10万円台で設定されていたりしますが、折りたたみ車でもフロントダブルモデルとか出ませんでしょうか。

当日は、昨年とは違い好天に恵まれたこともあって、かなり多くの試乗があり、試乗車が出払ってしまうこともしばしばありました。ガールズケイリンコンシェルジュの方にもご試乗いただいていたようです(写真中オレンジのモデルが、ミニベロMシリーズフラッグシップモデルの、M213RD-SR(内装11速、10.5kg、118,000円))。

画像
画像

さて、今回は他社の折りたたみ車の展示を全然見かけませんでした。唯一見つけたのが、世界最大級の自転車総合メーカー、GIANT による折りたたみ車、MR4 R(2×10速、10.2kg、126,000円)でした。24インチサイズで、かつエアサスペンションを装備しながら、なかなかの軽量ぶりです。ドロップハンドルにはSTIデュアルコントロールレバーを装着しており、折りたたみながら快適な乗り心地と攻撃的な走りを共に追求したものと言えそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「湘南バイシクル・フェス2013」レポート ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる