ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小田原サイクルフェスティバルに行ってきた!

<<   作成日時 : 2011/12/11 19:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

小田原競輪場で、「小田原サイクルフェスティバル」というイベントが開催されました。このイベントは「地域の方々に競輪場や自転車に親しんでいただくことを目指して開催」しているということで、年2回ほど開催されているようです。前回は、終了間際にちょっとだけESRのブースにお邪魔したのですが、今回もESRが出展されるとのことだったので、朝から行ってみることにしました。

10時の開場前には、かなりの方々が並んで待っていましたが、多くの方々は会場内で開催されるフリーマーケットが目当てだったみたいです。しかし、自転車のほうも結構それなりのブランドが展示や試乗などを行っていました。また、ウェアや小物類(グローブ、携帯ツールなど)の特価販売もあり、かなり破格の品が並んでいました。自転車好きの方々にとっては、結構狙い目のイベントかと思います。

画像
画像

さて、サイクルモード2011以来のイベント出展となる、ESRです。今回は、現行車種(P201N,P201SP,M202RD-N,M202RD-SP)の展示と試乗をやっていました。今回、小径車・折りたたみ車の展示はESR以外殆ど無かったようで、来場者の関心を集めていたようでした。

ちなみに、この小田原サイクルフェスティバルでは、試乗コースがバンク(競争路)なので、普通の舗装道路以上に良いコンディションでの走行ができます。実際には、競争路だとコーナーでの傾斜がキツいため、内圏線より内側の待避路を中心に走ることになります。せっかくなので、M202RD-SP(10.9kg、77,700円)で試乗させていただきましたが、1周(333m)をあっという間に走りきってしまい、やや物足りない感じでした。逆に、M202RD-SPの高速性能を堪能できた…とも言えますでしょうか。

画像
画像

ところで、P201シリーズを見て気になったのですが、P201SP(12.6kg、69,300円)(写真手前、白)とP201N(11.8kg、51,450円)(写真手前から2番目、黒)で、チェーンホイールの大きさが違うように見えました。ESRの方にお伺いしたところ、実際その通りで、P201Nのチェーンホイールが52Tなのに対して、P201SPのチェーンホイールは46Tとのことでした(ちなみに、M202シリーズではチェーンホイールは全て52T)。また、P201SPのリアスプロケットは18Tとのことでした。Nexus の内装8速モデルであるSG-8R36は、変速比が0.527〜1.615となっていますので、P201SPドライブトレイン全体では1.347〜4.127ということになります。同じ内装モデルのM202RD-SPが1.713〜5.249、M202MTB-SPが1.370〜4.199ですので、どちらかというと低速域を重視した変速比と言えそうです。ちなみに、外装モデル(P201Nなど)の場合はチェーンホイール52Tでスプロケットが14-28Tで、変速比が1.857〜3.714となりますので、ロー側2段・トップ側1段分程度、ギア比の幅が広くなったような感じでしょうか。坂道の多いエリアで使う方なら、P201SPは案外よろしいかもしれません。

なお、ESRの現行モデルは、全てホイールがダブルウォールとなっています。それほど重さを感じない割に、しっかりした走りができる優れものです。

画像

P201シリーズのサドル。てっきりVELOかと思っていたら、あまり聞いたことのないブランドのものでした。街乗り用としては、非常に座り心地のよいものです。どこかで売っていませんか?w

ESRの守屋様、清浦様には、今回もいろいろお世話になりました。ありがとうございました。


(以下はオマケです。)

さて、競輪場のバンクは普段入ることができないわけですが、本イベントでは「バンクウォーク」と称して、バンクが開放される時間帯がありましたので、歩いてきました。

画像

ホームストレッチ。小田原のバンクは直線が短い…とか言われますが、歩いてみるとそれなりの距離はあります。もちろん、加速した自転車なら、あっという間です。

画像

ジャン(鐘)。最終周回に入る前に鳴らされます。小田原だと、だいたい20回から30回くらい鳴らすのだとか。

画像

敢闘門。選手はここからバンクに入場します。

画像

バックストレッチ上部から第3コーナー方面。コーナーの傾斜が凄いです。

画像

イエローライン付近。競争中は、大抵このあたりまでを走ります。ここでも傾斜はそれなりにキツいですね。

他にも、当日はいろいろな催しがあり、なかなか面白いイベントだと思いますので、興味を持たれた方は次回是非行ってみてください。(次回開催は7月くらいかと思います。)


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小田原サイクルフェスティバルに行ってきた! ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる