ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS Doppelganger 211 assaultpack に追加したアクセサリー+輪行

<<   作成日時 : 2012/04/07 17:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

購入してから、あまり手を入れていなかった Doppelganger 211 assaultpack ですが、そのまま使用するにはちょっと…という部分もありました。ハブメンテナンスを行った際に、リアスプロケットをMF-TZ21(14-16-18-20-22-24-28T)からMF-HG37(13-15-17-19-21-24-28T ※生産完了品、後継はMF-TZ37…かな?)に交換したのですが、もう少し手を入れることにします。

画像

当初から付属している400mm長シートポストですが、もう少し高さが欲しいな…と思ったので、定番のロングシートポスト DSP-01に交換します。有効サドル支柱長350mmとのことですが、既存シートポストと比較すると、30mmほどの違いでしょうか。重量ですが、10g単位で測れるハカリで比べてみたら、元からのシートポストと何故か同じ重さでした。
わずか3cmの違いですが、katagiriの場合はペダリングのポジションがかなり楽になりました。身長が高めで、サドル高さがもう少し欲しい…という方には、必須のオプション品といえるでしょう。

画像

これはカスタマイズではありませんが、ハンドルの向きがタイヤの向きに対して直角が出ていない場合には、調整が必要になります。katagiriの場合は、最初は良かったのですが、ちょっとぶつけた拍子にハンドルの向きが曲がってしまいました(汗)。ドッペル211ではスレッドステムというタイプのステムを使っていますので、ネジ臼(うす)を引いているボルトを6mmアーレンキー(六角レンチ)で少々緩めて、ハンドルの向きを調整してから、再度締めておきます。
※緩めすぎると、中のネジ臼が外れて落ちてしまうので注意!

画像

最近のドッペルギャンガー20インチモデルは、マッドガード(泥よけ)を装着したものが多いのですが、blackMax seriesの中でも "R" シリーズに分類されている211は、スポーティ志向ということなのか、マッドガードが付属していません。そこで、以前よりドッペル利用者では知られていた CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) エアロフェンダーセット ブラック Y-4841を取り付けました。
…リアフェンダーが思いっきりはね上がる格好ですが、何か取付金具を自作する等しない限りは、こんな感じになってしまいます。実用上は支障ありませんが、泥はねをどこまで押さえられるかは不明なところです。あるいは、203CRでやったように、シートポストにリアフェンダーを取り付けるようにした方が良いとは思いますが。

画像

さて、輪行袋は、既に持っているmont‐bell(モンベル) コンパクトリンコウバッグを使っても良かったのですが、せっかくなので、OSTRICH(オーストリッチ) ちび輪バッグを使うことにしました。

画像

車体を折りたたんでストラップをフレームに取り付けるのは、コンパクトリンコウバッグと一緒ですが、輪行袋に入れる前はストラップの片方だけを取り付けるのがポイントです。

画像

輪行袋には、ストラップを通す穴が1箇所だけ開いているので、ストラップをフレームに取り付けた側に輪行袋の向きを揃えて、車体を入れます。そして、ストラップの取り付けられていない側を輪行袋の内側から穴を経由させて外側に出し、フレームに取り付けます。

画像
画像

同種の他製品に比べると布地が薄い…とかいう話を聞いたことがありますが、コンパクトリンコウバッグに比べれば結構しっかりしています。何より、形状が安定しやすいのは、電車内で置く際に助かります。(とはいえ、加減速時等に倒れる可能性があるので、電車内では転倒防止措置をとる必要があります)
他にも、コンパクトリンコウバッグに比べると、布地がしっかりしている分、輪行袋が畳みやすいのは助かります。しかし、やはり自転車本体を持ち上げて輪行袋に出し入れするのが少々面倒です。できれば、自転車本体を畳んだ状態で前後輪を固定できるよう、ベルクロテープのようなものを用意しておく方がよいかと思います。

おまけ。

画像

Doppelganger DL-04W(左)ELPA DOP-SL200(BK)(右)
どう見ても同形です。(略)
ドッペルカラーのライトは、結構いいアクセントになるかな?と思ったのですが、残念ながら現行仕様の 211 assaultpack はハンドルがオレンジ色なので、却って目立たないという結果になってしまいました(汗)。なお、このライトの照度自体はあまり大したことがありませんので、夜間走行時に路面を照らすメインライトとして使うよりは、標識灯として点滅させて使うのが正しいのかな…と思います。また、電池はCR2025という規格のボタン電池を使うのですが、CR2032よりは若干取り扱い店舗が少ない気がするのと、交換時には時計用精密ドライバープラス00番が必要になりますので、注意が必要です。電池取付/取り外しの際にも、中のパーツが繊細なので、ライトユニットごとケースから取り出して作業されることをおすすめします。
個人的には、BB Boro M-3W/M-3Rあたりのほうが、デザイン的にはともかく照度はそこそこありますし、電池の交換も楽で使い勝手が良いかな…と思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Doppelganger 211 assaultpack に追加したアクセサリー+輪行 ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる