自転車用「お買い得」ヘッドライトを試す

ドッペルギャンガー自転車を買うと、最近ではヘッドライトが標準で付属しています。ところで、このヘッドライトを壊してしまったり、無くしてしまった場合は、メーカーから再度買うしかないのでしょうか?

最近、「レモンライト」というヘッドライトがあることを知りました。正確には「メガウルトラ LED自転車ライト」という商品名なのですが、100えんハウスレモンという100円ショップで売っていることから、「レモンライト」という通称で呼ばれるようになったのだと思われます。


どの程度の実力か気になったので、試しに買ってみました。

画像

さっそく、明るさのテストをしてみましょう。比較対象は、次の4点です。
↓右から、

  • メガウルトラ LED自転車ライト(BIG SWALLOW/100えんハウスレモン)\105
  • DOPPELGANGER LEDヘッドライト 01(ビーズ)\1,500
  • DOPPELGANGER LEDフロントライト DL-03(ビーズ)\3,150
  • GENTOS 閃(ジェントス セン) SG-355B(サンジェルマン)\OPEN(参考:Amazon \2,401)
  • 画像

    点灯しました。サイドが光るのは、レモンライトもドッペルのLEDヘッドライト01も一緒ですね。

    画像

    ↓こんな感じになりました。レモンライトもドッペルのLEDヘッドライト01も、いずれも白色LED×5ですので、照度がほぼ同じになりました。ドッペルのLEDフロントライト DL-03は、LED×9なので、その分明るいということでしょうか。GENTOS 閃 SG-355Bは、白色LED×1ですが、LED単体の性能なのかレンズによる効果なのか、かなり明るく照らしています。

    画像

    ↓GENTOS 閃 SG-355Bは、「ワイドビーム・スポットビームの無段階調節可能」となっています。先ほどの写真ではスポット側に振っていましたが、今度はワイド側に振ってみます。

    画像

    そんなわけで、レモンライトはさすがに「値段相応」の実力と言えそうですが、それでも100円ショップの商品としてはかなりの照度でしょうし、パイプ取付パーツも付属しているので、もし近所で売っているようでしたら、試しに買ってみてもよいかもしれません。また、ドッペルのLEDヘッドライト01が壊れたときの代替品には最適と言えるでしょう。内部の構造は、さすがにドッペルのLEDヘッドライト01よりは簡略化されていますが、実用上は問題ないかと思われます。


    一方の GENTOS 閃 SG-355B ですが、DOPPELGANGER LEDフロントライト DL-03 より廉価ながら、その実力は遙かに上のようです。ZAGAの兄貴も推奨されております。なお、パイプホルダーが付属していますが、ライト本体の装着に苦労するような硬さでした。DOPPELGANGER LEDヘッドライト03用 ハンドルバー固定用ブラケットには、無加工で取り付けることが可能です。同じ GENTOS からは、同型でブラケットが付属せず、点滅機能のないGENTOS 閃 SG-305 というものもあります。


    GENTOS 閃 SG-305/SG-355Bの泣き所としては、電池の寿命が「10時間」と短いところでしょう。超寿命の商品を狙うなら、キャットアイのHL-EL450を選ぶのもアリかもしれません。Amazonの価格で\3,470ですから、GENTOSよりはお高めですが、あとは使う方の趣味ということになるでしょう。




    ちなみに、「100えんハウスレモン」では、店によっては「メガウルトラ LED自転車ライト」の取扱いが無いことがあるので、注意が必要です。他に同店では、「自転車のヘッドライト」という、あまりにそのまんまな名称の商品もありますので、間違えないようにしましょう。(←katagiriは、つい買っちまったらしい…)


    画像

    GENTOS(ジェントス) 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355B
    GENTOS(ジェントス)
    2010-03-20

    amazon.co.jpで買う
    Amazonアソシエイト by GENTOS(ジェントス) 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355B の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





    (追記)
    100円ショップのSeria(セリア)で、ドッペル純正のLEDフロントライト DL-03 に見た目がそっくりなライトが売っていたので、買ってきました。


    画像

    画像

    ぱっと見た感じは、そっくりさんとしか言いようのない出来です。しかし、太さを比較すると、ドッペルライト DL-03 よりやや細いので、そのままではライトホルダーにはめることができません。別途ライトホルダーを調達してくるか、ランチャーライトの周りに何かを巻いて太さを合わせる必要があります。
    LED 3個という仕様なので、LEDが9個のDL-03には負けますが、リフレクタ効果なのか、LEDヘッドライト 01 とは良い勝負なのではないか…という気がします。しかし、ますますLEDヘッドライト 01 の立場が無いですね。

この記事へのコメント

ゆんたん大佐
2011年03月27日 09:51
実はドッペルライト03と同型のLED数が3個のやつが100エソショップにありましたw
見た目の明るさはほとんどかわらないけど、こんな感じに実験したらどうなるかちょっと興味あります。
やっぱ差はあるんでしょうかね?
でもLEDが3個とはいえ100円で売ってるんだから、ドッペルライトの原価はいくらだよと・・・www
ゆんたん大佐
2011年04月17日 09:12
そうそう、追記分のまさにソレですw