ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS Tern 2017モデルをチェック!

<<   作成日時 : 2016/09/11 16:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Ternの2017年モデル情報をお届けします。こちらも公式Webサイトの情報が出ていない為、橋輪さんのblog2017 DAHON / tern / FUJI 最新情報!2017 DAHON / tern / FUJI 最新情報! 7を主に参考にいたしました。
なお、最近日本発の企画として進められている650Cバイクや、ミニベロについては、当blogの守備範囲外となりますので省略します。

  • Vere X20(2×10速、9.8kg、340,000円+TAX)※価格変更↓
  • Verge X18(2×9速、10.2kg、237,000円+TAX)※価格変更↓
  • Verge X11(11速、10.2kg、277,000円+TAX)―20"(451)New!
  • Verge X10(10速、9.6kg、205,000円+TAX)※価格変更↓
  • Verge P10(10速、11.7kg、133,000円+TAX)―20"(451)New!
  • Verge P9 EKO(9速、11.0kg、109,000円+TAX)※価格変更↓
  • Verge D9(9速、12.2kg、95,000円+TAX)―20"(451)New!
  • Verge N8(8速、11.0kg、82,000円+TAX)※価格変更↓
  • Link D16(2×8速、12.0kg、88,000円+TAX)※価格変更↓
  • Link N8(8速、11.8kg、72,000円+TAX)※価格変更↓
  • Link C8(8速、11.8kg、64,000円+TAX)※価格変更↓
  • Link B7(7速、11.9kg、46,000円+TAX)
  • Elipse X22(2×11速、11.3kg、300,000円+TAX)―26"※価格変更↓
  • Eclipse Uno(シングル、12.2kg、110,000円+TAX)
  • Eclipse D16(2×8速、14.8kg、120,000円+TAX)―26"
  • Node D16(2×8速、12.5kg、98,000円+TAX)※価格変更↓

基本的に継続モデルが多いのですが、新登場の3モデルを取り上げましょう。

  • Verge X11(11速、10.2kg、277,000円+TAX)―20"(451)New!
  • Verge P10(10速、11.7kg、133,000円+TAX)―20"(451)New!
  • Verge D9(9速、12.2kg、95,000円+TAX)―20"(451)New!

Ternとしてはおそらく初の、ETRTO451サイズのホイール装着車が登場しました。もともと、Ternでは「20インチとそれほど大きさが変わらない」という売り文句で24インチのモデルをアピールしていたのですが、最近の20インチモデルでの451化の流れに押された感じでしょうか。
ちなみに、台湾市場では406と451は別物扱いされているとのことで、451は「22インチ」として発売されているそうです。

特に注目すべきはX11/P10でしょう。リアスプロケットの歯数は、11-42s(X11)、11-40s(P10)と幅広く、フロントダブルにすることなく、幅広い変速比を実現させています。チェーンラインも当然振れ幅が大きくなるので、チェーントラブルとか大丈夫だろうか…などと思ってしまいますが、ドライブトレインがシンプルになるのはメリットでしょう。また、この両モデルは前後輪ともとも油圧ディスクブレーキを採用していることも、注目ポイントです。輪行時のトラブルが気になるところでもありますが、逆に折りたたみ自転車ゆえ、ホイールを外す機会は少ないはずですので、案外問題にならないのかもしれません。

さて、今回カタログ落ちになったのは、下記モデルのようです。

  • Verge P20
  • Verge P9L
  • Verge Tour
  • Eclipse X20
  • Eclipse P18L
  • Eclipse S18
  • Eclipse P20
  • Node D8

Verge P20は、ミドルグレードのお買い得モデルだっただけに、意外な気もしますが、Link D16とキャラが若干被ることもあってか、この2017モデルではワイドスプロケットのVerge P10に託すということでしょうか。また、ママチャリ代わり(?)として人気が高かったというNode D8も、ひとまず終了ということです。

なお、Ternでは2013年モデル 自主回収と交換を行っていたところですが、現在、無償アップデートとヒンジ部無料点検サービスを実施しているとのことです。これについては、かなり多くのモデルが該当することになるかと思います。アフターサポートとして実施していただけるのは有り難いのですが、十分な告知をお願いしたいと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Tern 2017モデルをチェック! ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる