ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブリヂストン久々の20インチ車は、使えるかも?

<<   作成日時 : 2015/10/02 20:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ブリヂストンサイクルといえば、国内でも歴史ある自転車メーカーの一つです。また、シティ車・軽快車(いわゆるママチャリ)ばかりでなく、ロードバイク等も手がけています。しかし、このところ折りたたみ自転車に関しては、これといった動きが無かったように思われます。スニーカーライトという名称で、16インチと18インチの折りたたみ自転車を出していましたが、あまり注目されていなかったようです。

ところが、「CYLVA(シルヴァ) F6F、F8F」新発売ということになりました。ブリヂストンの折りたたみ自転車で20インチモデルが出るのは、久々ではないでしょうか。

画像

CYLVA F6F(6速、12.5kg、44,800円+TAX)
(写真は、http://www.bscycle.co.jp/news/release/2015/2311より引用)

画像

CYLVA F8F(8速、11.6kg、59,800円+TAX)
(写真は、http://www.bscycle.co.jp/news/release/2015/2311より引用)

スタイリング自体は、折りたたみ自転車の中では少数派の、トップチューブが水平(ホリゾンタル)になっているものです。DAHON Horize(8速、11.8kg、79,000円+TAX)に類似していますが、ブリヂストンで従来からあるスニーカーライトもホリゾンタルなので、同社内での先行モデルに倣っただけかもしれません。とはいえ、同じ折りたたみ自転車でもホリゾンタルフレームの剛性感・安定性は抜群なので、折りたたみ自転車に乗り慣れていない人にはよいでしょう。

ただ、ホリゾンタルは良いことづくめというわけではなく、折りたたみサイズが若干大きめになることや、折りたたんだ時の安定性が若干よろしくない…という問題があります。公称折りたたみサイズは

  • F6F:縦770mm×横835mm×奥行420mm
  • F8F:縦765mm×横820mm×奥行415mm

とありますので、折りたたみ自転車の折りたたみサイズを、比較する。のフォーマットで、比較してみましょう。

 WDHW×DW×D×H
F6F83.577420.2700.351
F8F8276.541.50.2600.340
Horize8368360.2030.299
Boardwalk D77865340.1720.265

予想通り、折りたたみ時の幅は DAHON Horize と同程度で、DAHON Boardwalk D7より若干大きい感じです。ところが、折りたたみ時の厚みが少々大きめとなっており、結果として接地面積(W×D)がDAHON Horizeより大きくなってしまっています。この原因として考えられるのは、ハンドルステムの「突き出し」があるため、折りたたみ時にハンドルを外側へたたむ方式になっており、ハンドルが出っ張っている分だけ場所を取っているのではないか…ということです。(実車を見ていないので、断定はできないのですが。)
とはいえ、これはニュースリリースにおいて、「従来の折りたたみ自転車と比べてスポーティ(前傾姿勢)な乗車姿勢」と強調されているところとも関係しており、走行性能を重視した結果といえそうです。

エントリーモデルのF6Fは既に発売になっているようで、44,800円(+TAX)という価格はDAHON Mist(39,000円+TAX)よりは高いもののDAHON Route(49,000円+TAX)よりは安く、Tern Link B7(46,000円+TAX)よりわずかに安いという、なかなか微妙な価格帯です。

ミドルグレードのF8Fは12月下旬発売予定とのことですが、価格は59,800円(+TAX)とのこと。なんと、7速モデルのDAHON Boardwalk D7(60,000円+TAX)の価格を下回ってしまいました。Ternの8速廉価モデルLink C8(66,000円+TAX)より安いということで、かなり戦略的な価格です。タイヤも20(406)×1.35と細めのものを装着し、チューブも仏式バルブを採用という本格派です。ドライブトレインは、チェーンリングが52T、スプロケットが11-30Tと折りたたみ8速車では標準的なものですが、リアディレイラーにSORA(RD-3500-SS)を使用しているのですね。また、シフターはラピッドファイヤーです。

そして何より、ブリジストンの販売網はかなり広いので、都心でなくても比較的入手が容易かと思われます。これは、地方在住の方にとっては、かなりの利点かと思われます。

あとは、実車がどの程度の出来なのか、また、乗ってみた感じがどうなのか、チェックしてみたいところです。ただ、ブリヂストンさんは試乗会の機会が殆ど無いのが実情なので、いつのことやら…という感じですが。来年2月のさいたまかな

何はともあれ、20インチでは根強いファンが多かったというトランジットセブン(TS207)以来のスポーツ指向の折りたたみ自転車かと思われますので、要チェックです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
F8F、とても気になるバイクですね!!
robotic-person
2015/10/03 09:04
コメントありがとうございます。
ブリヂストンも、他社のモデルをよく研究したうえで出したのではないか…と思えるくらい、絶妙な設定です。是非試乗会などで試せる機会を設けていただきたいものです。
katagiri
2015/10/03 19:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブリヂストン久々の20インチ車は、使えるかも? ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる