ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS DAHON 2016モデルをチェック!

<<   作成日時 : 2015/09/23 14:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

自転車ブランド各社では、毎年夏から秋にかけて位の時期に、販売店向けに次年度モデルの展示会を開催するのが通例となっています。

今年も、既に折りたたみ自転車ブランドで展示会が開催されており、2016モデルの情報がリリースされています。その中で、DAHON(アキボウ取扱モデル)を取り上げます。既に公式blogや各販売店blogに情報が掲載されていますので、今更感はありますが。(汗)

  • Mu Elite(2×11速、9.8kg(w/o pedals)、296,000円+税)―20"(451))※スペック変更
  • Mu SLX(11速、8.6kg(w/o pedals)、207,000円+税)
  • Visc.P20(2×10速、11.0kg、123,000円+税)
  • Mu P9(9速、11.8kg、91,000円+税)
  • Speed Falco Limited(8速、12.3kg、89,000円+税)―20"(451)※New
  • Speed Falco(8速、12.1kg、86,000円+税)―20"(451)
  • Horize(8速、11.8kg、79,000円+税)
  • Boardwalk D7(7速、12.3kg、60,000円+税)
  • Route(7速、12.1kg、49,000円+税)
  • Mist(6速、12.3kg、39,000円+税)
  • Presto SL(シングル、8.1kg(w/o pedals)、116,000円+税)※New※New
  • Curve D7(7速、11.6kg、71,000円+税)
  • Contento(3×7速、13.4kg(S)/13.5kg(M)、76,000円+税)―26"
  • Dash Altena(2×9速、10.7kg(M)/10.8kg(L)、142,000円+税)―20"(451)
  • Dash P8(8速、11.1kg、95,000円+税)
  • EEZZ D3(3速、9.8kg、130,000円+税)―16"
  • QIX(8速、12.2kg、118,000円+税)

価格に関しては、昨年度からほぼ全て変わっています。おおむね値上げ傾向にありますが、為替レートや使用パーツ(主にシマノ)の値上げ等の問題もあり、やむを得ないところでしょう。

基本的に、新モデルの登場は少なかったのですが、気づいたところをチェックしていきます。

  • Mu Eliteは、ドライブトレインの11速化に合わせて、遂にドロップハンドル+STIの組み合わせに。バーエンドコントロールだと、11速を採用できなかったのですね。折りたたみ時のハンドル収納は、果たしてうまくいくのでしょうか? そして、お値段のほうも税込みでは30万円台に突入です。
  • Visc.P20は、Tiagraコンポーネントのモデルチェンジ(4600⇒4700)への対応が大きな変化。既に報じられていますが、新Tiagraはシフターのワイヤー引き量が過去の10速モデルと互換性が無い(11速と同じ)とのことですので、ドライブトレインのパーツ交換時には要注意です。
  • Speed Falco Limitedは、VROステムやバーエンド付グリップなどを装着したスペシャルモデル。この価格差ならお買い得でしょう。
  • mistは2015モデルでも出ていましたが、今回は正式にカタログモデルとして登場するようです。最近の価格水準を考えると、かなりのお買い得モデルではないでしょうか。他社のDAHON OEMモデルと実は同じ価格という…
  • Presto SLは、2014モデル以来の復活となります。公称重量は、前回より、わずかに0.1kgの軽量化…とのことです。シングルスピードとはいえ、8.1kg(w/o pedals)というのは、このサイズでは驚異的な軽量さです。
  • EEZZ D3は、2015モデルがようやく8月にデリバリーになったばかりで、もう2016モデル登場ということになりますが、スペック的には変化ないようです。
  • QIXは、2015モデルとしてのデリバリーが未だ…という状態ながら2016モデルが登場。若干の変更があるものの、ほぼ同一仕様のようです。

2015モデルでは、DAHONの新工場の操業開始が遅れたのか、デリバリーが遅れる等の問題が出たようです。その為か、2016モデルではカラー変更などの小変化にとどまるモデルが多く、あまり変化はみられません。その中で、超軽量モデルのPresto SL復活はうれしいニュースです。また、mistは過去のベストセラー、metro D6とほぼ同型のモデルですので、事実上の復活とも言えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DAHON 2016モデルをチェック! ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる