ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS KHS2016モデル展示会に行ってきた!

<<   作成日時 : 2015/07/23 21:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

自転車ブランドの次年度モデルは、販売店向けのプライベートショーが初夏から初秋くらいにかけて開催され、その後徐々に試乗会が開催されるというのが定番のようです。

画像

走り追求型の折りたたみ自転車を多くラインナップしているブランドKHSの日本法人、ケイ・エイチ・エス・ジャパンは、昨年は9月に展示会を開催していましたが、今年は7月の開催となりました。最近はファットバイクが冬向けに好調なのだそうで、それを狙っての早期開催なのでしょうか。

今回もまた、ケイ・エイチ・エス・ジャパンのゼネラルマネージャー、今井様よりお招きいただき、販売店向けに開催されている展示会の取材をさせていただくことができましたので、ご紹介します。

※今回開催のケイ・エイチ・エス・ジャパン展示会は、一般公開されていません。ご注意ください。

画像

↑今回も開催された、会場内でのデモンストレーションでのケイ・エイチ・エス・ジャパン今井氏(右)と、功學社單車股份有限公司 董事長 謝氏(左)。お二方とも、会場内で精力的に来場者の対応をされていました。

さて、今回のKHSのフォールディングバイクは、昨年の新規車種大量登場ということはなく、まったくの新規車種は1モデルのみにとどまりました。また、継続モデルも多いのですが、主力モデルでは結構変更がありました。

画像
画像
画像
画像
画像
画像

↑F-20RC(2×10速、11.1kg、160,000円+税)

変速機などのドライブトレインにシマノのコンポーネント Tiagra を使用しているモデル。同社フォールディングの中では一番人気のようです。ただ、シマノは今回 Tiagra をモデルチェンジしているのですが(4600シリーズ⇒4700シリーズ)、同じリア10速モデルながら、シフター・ディレイラーの互換性が無くなってしまったということなのです(ワイヤー引き量が違うのだとか)。そして、新シリーズ用のバーエンドコントロールシフターは発売されないということなので、フロントはTiagra新モデル(FC-4700 52/36T、FD-4700)、リアは従来のRD-4601SS(継続販売モデル)ということになりました。これは致し方ないところですね。
ちなみに、当日の展示車は50/34Tのチェーンリングを装着していましたが、52/36Tモデルが間に合わなかった為とのことでした。

画像
画像
画像
画像
画像

↑F-20R(2×9速、11.3kg、140,000円+税)

ブルホーンフォールディングのスタンダードモデル。コンポーネントはシマノSORAを採用しており、そのカラーに合わせて、ハンドルポストやリムもブラックで統一されています。今回のモデルでは、ヘッドのオーバーサイズ化に合わせたフォーク形状になり、見た目も向上しています。しかし、為替レートの関係とはいえ、価格的にはかなり高くなってしまいました。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

↑F-20Rms(2×9速、11.4kg、120,000円+税)

というわけで、もう少しお手頃感のある価格のモデルとして登場したのが、久々のマイクロシフト仕様モデルです。チェーンやスプロケットはシマノを使用しているとのことですが、クランクセットはQ2です。また、ブレーキはLee Chi RC-452とアナウンスされています。Lee Chiとは??と思ったのですが、PROMAX(利奇機械工業)なのですね。
ちなみに、先ほどのF-20Rのパーツ類が黒基調だったのに対し、F-20Rmsではシルバー基調で統一されています。
マイクロシフトに関しては、一部販売店が扱いに消極的だという現状がありますが、「最近のモデルについては品質も向上しており、これといった問題も起きていない」(KHS伊藤氏談)ということでした。試乗会では、ぜひシマノ装着車とマイクロシフト装着車を比較できるようにしていただけるとありがたいのですが。

なお、当日配布された販売店向けのセールスマニュアルでは、フォールディングの継続モデルとして、F-20RA、F-20AS、F-20S、F-20T3 451、F-18ACE、F-20JJ、F-20T、Manhattan F-16 の掲載がありました。また、ブルホーンフォールディングのエントリーモデル、F-20RGは終了となるようですが、こちらは代替モデルが登場します。(別記事掲載予定)

画像

本blogの守備範囲外ですが、KHS/MAXXIS TEAM仕様のモデル(カーボンフレーム)の紹介がありました。フレーム販売の他に、レプリカ仕様の完成車も発売するとのことです。やはり、今はロードが人気なのでしょうか。

画像
画像

同社扱いのマイクロシフトについては、11速モデルの告知がありました。

画像

新モデルについては、次回。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
KHS2016モデル展示会に行ってきた! ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる