ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS ミソノイサイクル(浜松)のKHS試乗会に行ってきた!

<<   作成日時 : 2015/04/27 22:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

走り重視のフォールディングバイクを各種展開するKHSが、浜松のミソノイサイクルで試乗会を行うとのことでしたので、行ってきました。今回の会場となったのは蜆塚(しじみづか)店。自動車で行くには良い場所だと思いますが、駅からはちょっと遠いですね。
katagiriは、浜松駅前でレンタサイクルを借りるつもりだったのですが、珍しく売り切れだったので、歩いて行きました…。

今回、試乗車として用意されていたのは、以下の車種でした。

画像

F-20R(2×9速、11.1kg、120,000円+TAX)

画像

F-20AS(2×10速、10.9kg、180,000円+TAX)

画像

F-20S(2×9速、12.1kg、110,000円+TAX)

画像

F-20T3 451(3×9速、11.5kg、100,000円+TAX)

画像

MANHATTAN F-16(8速、12.3kg(キャリア無)、130,000円+TAX)

今回は、これまで試乗したことの無かった、フラットバーモデル2車種を試乗してみました。

F-20ASは、クロモリフレームが主体のKHSにしては珍しく、フレームの材質が「NA7ニューアロイ」とされています。いわゆる7000系アルミニウム合金でありながら、6000系アルミニウムに近い特性を持つのだそうです。

試乗した感じでは、とにかく「軽快に進む」という印象を受けました。100PSIという高圧なタイヤを装着しており、フレームもアルミ合金なので、かなり硬めの乗り心地を想像していたのですが、あまりゴツゴツとした感じはなく、それでいて、力がダイレクトに伝わる…という感じでした。もちろん、リアのソフトテール構造や、カーボンフォークの影響もあるのだと思いますが。

画像

シフターは、Microshiftながらトリガータイプのものではなく、サムシフターです。文字通り、親指でカチカチ押して操作するのですが、使ってみた感じは案外悪くありません。もちろん、リアの変速もインデックス方式で、それぞれの変速段に一発で切り替わります。

画像

なお、標準で装着しているホイールはETRTO406サイズですが、ETRTO451への換装は可能とのことです。キャリパーブレーキはPOWERTOOLSのロングアーチで、406/451いずれにも対応するものです。

フラットバーハンドルは、F-20T3 451より低めですので、高速走行を指向しているものですが、ハンドルバーとサドル間の距離は、DAHONやTernあたりに比べるとやや狭めです。少々小柄な方や女性向け…という意図があるようですが、katagiriが乗った感じではそれほど窮屈という印象がありませんでした。実は、esr Magnesia Pシリーズも、やや狭めなのです。

画像

F-20Sは、ちょうどF-20Rのハンドルをフラットバーに変更したようなモデルです。ただ、ドライブトレインをシマノで固めたF-20Rとは異なり、こちらの変速系はMicroshiftです。クランクセットはDRIVELINE DX-130ですね。また、フォークがストレート形状であったり、ヘッドがロープロファイルでない(これはF-20ASも同じ)といった違いがあります。標準ホイールが406で、451化可能というのはF-20ASと同様です。

こちらのモデルにも試乗したところ、クロモリフレームながら、意外にもF-20ASより硬い感じでした。フォークの違いによるものなのでしょうか。Microshiftのトリガータイプのシフターは、慣れれば特段問題は無いと思います。こちらもハンドルは低めの設定です。

上記2モデルは、F-20Rシリーズ相当のグレードが欲しいけど、ハンドルが遠いのは嫌だ…とか、街乗り用に使いたい…という方向けという感じでしょうか。タイヤは20"(406)×1.35なので、F-20Rの1.1よりは太めですが、それでも普及クラスの折りたたみ自転車に多い1.5よりは細身で、かつ高圧のタイヤなので、きびきびと走ってくれそうです。
ちなみに、以前お伝えしたところですが、KHSのモデルについては、現在「オーソライズドディーラー販売商品」と「一般ショップ販売商品」の2系統に分かれています。(一般ショップ商品はオーソライズドディーラーでも取扱)。上記2モデルはオーソライズドディーラー扱いですので、ご注意ください。もちろん、ミソノイサイクルさんはオーソライズドディーラーになっています。

なお、この4月に発売となった限定モデルF-20RXは、チェーンリングが高速走行向けにより大きくなり、フォーク形状の変更やコラムアダプター・フォールディングマグネット標準装備などの変更を加えつつ、140,000円+TAXというお買い得モデルですが、既に発売元在庫は終了しており、店頭在庫のみとのことです。今回お伺いしたミソノイサイクルでは、浜松駅そばにある有楽街店に同モデルの在庫があるとのことでした(4/28確認)。

ケイ・エイチ・エス・ジャパンの今井様には、今回もお世話になりました。ありがとうございました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミソノイサイクル(浜松)のKHS試乗会に行ってきた! ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる