ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS KHS Saturday Ride in 彩湖に行ってきた! (その2)

<<   作成日時 : 2014/10/11 21:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ケイ・エイチ・エス・ジャパンが、ほぼ毎月荒川彩湖公園で開催している試乗会「サタデーライド」に、今回も行ってきました。今回は、西浦和駅から徒歩で行きましたが、ちょっと距離があるものの確実に行けるので、割とおすすめです。線路南東側の細い道をひたすら線路と平行に北朝霞方面に向かって歩けば行けます。

試乗車(折りたたみ車)は次の4車種でした。

画像

F-20RG(2×8速、11.8kg、100,000円+税)

画像

F-20RC(2×10速、10.5kg、140,000円+税)

画像

F-20T3 451(3×9速、11.5kg、90,000円+税)

画像

Manhattan F-16(8速、13.1kg(キャリア取外時12.3kg)、130,000円+税)

画像

今回は、F-20RCの2014モデル(レッド:オプションの451ホイール装着)と2015モデル(シルバー)が同時に展示されていましたので、比較してみました。

画像
画像

フォークまわり

画像
画像
画像
画像

ブレーキまわり

画像
画像

ヘッドまわり

やはり、ブレーキの変更(PowerToolsロングアーチ(406/451兼用)⇒Tiagra)と、ヘッドパーツのゼロスタック化に伴うヘッドチューブの形状変更が目立つところでしょう。

画像
画像

また、キックスタンドが直付に変更されています。

画像
画像

もちろん、2015モデル標準装備のホイールはシマノTiagraハブとなっています。カップ&コーンベアリングなので、保守の手間はかかりますが、細かい調整がきくのは良いところかもしれません。

画像
画像

折りたたみ時に固定できるマグネット(3,000円+TAX)については、F-20Rシリーズでは全車オプションとのことです。フラットバーモデルでは標準装備化されるという話も聞いていますが、F-20Rシリーズにもあったほうが何かと使いやすいと思うのですが。

今回は、試乗もしてきました。※試乗に際しては、ヘルメット・グローブ持参の必要があります。貸し出しはありません。
F-20RGは、少々太めのタイヤ(40-406(20x1.5))を装着しているので、少々荒れた路面でも対応できるのがメリットですが、F-20RCでも、それほどゴツゴツした走行感はありませんでした。クロモリフレームやソフトテール機構のおかげかもしれません。ブルホーンモデルは、バーエンドコントロールシフターの操作に慣れる必要がありますが、走行時の負担はフラットバーより少ないので、ロングライド向けといえるでしょう。

一方、F-20T3 451は、katagiri(身長約178cm)でも窮屈にならず楽に乗れる感じではありますが、ハンドルがかなり高い位置にあるので、ロングライド向けというよりは、街乗り+ちょっとしたサイクリング用…という感じにも思われます。

また、チェーンリングが3枚あるのですが、インナーの30Tだとあまり進まない感じです。アウター・トップの場合、クランクを1回転すると7.30m進む(52÷11×1.545≒7.30m)計算ですが、インナー・ローの場合は、1.66m程度しか進まない(30÷28×1.545≒1.66m)ことになります。かなりの激坂であれば使うこともあるでしょうが、逆にかなりの回転数を保たないと進まないので、実際に使用できることはあまり無いかもしれません。


なお、ブルホーンハンドル装備のフォールディング F-20Rシリーズは、2015年は

  • F-20RA―NA7(7046)ニューアロイフレーム(クロモリチェーンステー)、カーボンフォーク、シマノ105
  • F-20RC―クロモリフレーム、カーボンフォーク、シマノTiagra
  • F-20R―クロモリフレーム、アルミフォーク、シマノSORA
  • F-20RG―クロモリフレーム、クロモリフォーク、シマノSORA(R)/microshift(F)

という構成ですが、2015モデルから、F-20RA/RC/Rについては、当初から451ホイールを装着することになりました。

国内では、406ホイールも451ホイールも20インチと呼ばれているのですが、タイヤ周長で比較するなら、KHSの場合、これまで装着していた35-406(20x1.35)のタイヤから28-451(20x1-1/8)のタイヤに変更していますので、周長も、1460mmから1545mmへと約5.8%増加しています。タイヤ径から考えると、折りたたみサイズが幅・高さとも3cm程度の増加が予想されますが(公称折りたたみサイズは現時点では2014モデルと同一の値となっています)、走行時の安定性向上などのメリットは多いものと思われます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
KHS Saturday Ride in 彩湖に行ってきた! (その2) ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる