ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS tern試乗会@プレミアムバイクインプレッション

<<   作成日時 : 2014/05/27 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2

神宮外苑で開催されたプレミアムバイクインプレッションには、「Tern」(ターン)が出展していました。ロードバイクが勢揃いしていた本イベントで、折りたたみ自転車だけでの出展は異例にも思えましたが、長距離走ることを想定したモデルが多いTernの場合、そのコンセプトを確認する意味でも、ある程度の距離を試乗できることは意義深かったかと思います。実際、試乗された方々から「折りたたみ車とは思えない」との声も聞かれました。

画像
画像

展示の中で目を引いたのは、Verge X30h Limited(内装3速×外装10速、240,000円(税別))。
Verge X30hの色違いバージョンですが、黒基調のフレームが精悍さを増しています。

久々にVerge X30hにも試乗しました。やはり、安定したフレームとブルホーンハンドルの組み合わせは非常に走りやすく、細めのタイヤ(Schwalbe Durano 20x1.10(406))も整備された舗装道路には非常にマッチします。時間があれば、何周でも走りたかったですね。
なお、同モデルはフロントシングルでリア10速という、かなりシビアな調整を要するドライブトレインですので、メンテナンスなどのアフターサービスに対応できる販売店から購入したほうがよいかと思われます。
余談ですが、内装3速×外装のSRAM Dualdriveが、最近になって2から3にバージョンが変わっているのですが、実質的な差は無いとのことです。

画像
画像

N-Fold Technology の説明に余念のない敏腕メカニックのT氏。

画像

Tern勢揃い。

さて、この時期になると、2015モデルの動向が気になるところですが、さすがに具体的な情報はまだ出る段階ではないようです。とはいえ、一部モデルではカラーリングの変更なども予定されているようですので、現行モデルが良いという方はお早めに…といったところのようです。また、かなり尖ったモデルの登場も予定されているようなので、期待したいところです。
なお、上位モデルは台湾製、普及モデルは中国製だったのですが、上位モデルについては2014モデルの途中からヴェトナム製造に切り替えているそうです。とはいえ、台湾系の工場での製造とのことで、品質は台湾製に遜色ないとのことです。Ternは、これまで一部モデルでの納期の不確実さが問題になっていたようなので、これで改善されるとよいのですが。

画像

Ternブランドを展開する Mobility Holdings の、アクセサリー類を展開する別ブランドbiologicからは、フォールディングヘルメットも発売されています(¥15,000(税別))。

画像
画像
画像
画像

どうやって展開・折りたたみするのかと思ったら、こういう構造なのですね。
緩衝材の寿命を考えると、ヘルメットはあまり長期間使えないのですが、どうしてもコンパクトに収納する必要がある方の場合は、検討に値するかもしれませんね。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私 折りたたみ自転車の 初心者です 手始めに KHS F-20Tを 購入予定です 初心者の 私 には どうでしょう ご意見 お聞かせ下さい。
NOB
2014/07/17 10:46
今頃のご返答ですみません。このところBLOGのメンテナンスをしていなかったもので…。
KHS F20Tにつきましては、現行仕様を見たことが無いので、判断が難しいところです。esrMagnesia P202-Rや、tern Link N8あたりと比べた場合は、価格面での有利性がありますが。DAHON Boardwalkと単純に比べればスペック的に上ですが、折りたたみ時のおさまり具合などに関してはDAHONのほうが何だかんだで定評があります。可能であれば、KHS取扱店舗で相談してみるとよいかと思いますが、なかなか実車を置いているところは無いかと思われます。あまりお役に立たなくて申し訳ないです。
katagiri
2014/09/14 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
tern試乗会@プレミアムバイクインプレッション ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる