ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS サイクルモードフェスタ2012(ESRマグネシア)

<<   作成日時 : 2012/10/13 14:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

大阪南港ATCで開催されたサイクルモードフェスタ2012に行ってきました。幕張で開催のサイクルモードに比べると、かなり「こぢんまり」した感じは否めませんでしたが、それでも毎日盛況で、特に試乗コーナーは「休むヒマも無い」くらいの賑わいようでした。

さて、関西の展示会では初登場となる esr Magnesia です。今回は、新型ミニベロ「Dシリーズ」の展示が主体となっていました。

画像

D211RR-DR(9.0kg、Tiagra2×10段変速、108,000円)

画像

D211RR-BH(9.0kg、Tiagra2×10段変速、108,000円)

画像

D211RZ-FB(8.8kg、Tiagra10段変速、85,000円)

画像

D211SP-FB(9.8kg、Nexus内装8段変速、81,700円)

標準でドロップハンドルやブルホーンハンドルを装備したモデルが、初登場となりました。もちろん、変速はSTIです。また、20インチではありますが、ホイールサイズは406より周長の長い451となりました。他に、Alfine内装11速モデルやAcera8速モデル(いずれもフラットバー)の発売が予告されています。デリバリーは12月頃の予定とか。

画像

ホイールが特徴的な形状となっています。展示車ではタイヤにSCHWALBEを装着しているモデルがありましたが、発売モデルではKENDAになるとのことです。

今回、Dシリーズの試乗車はD211SP-FBのみでした。乗り心地は、Mシリーズに比べると若干硬めかな…と思いましたが、その分軽量化が図られているということのようです。

画像

ミニベロMシリーズは、今回は控えめな展示。

画像

Mシリーズのドロップ・ブルホーン化試乗車。今回、Dシリーズのドロップハンドルやブルホーンハンドルのモデルが試乗用まで用意できなかったということで用意されたとのことですが、試乗では結構な人気を集めており、試乗待ちの人が複数出るほどでした。

画像

折りたたみ車のP201/P202シリーズ。いつもながらの地味な展示です。今回、試乗コースは結構ごつごつとした路面だったので、独特の「やわらかい」乗り心地が実感できたのではないでしょうか。

画像

こちらは、一見するとP202シリーズをカスタムしただけに見えますが、

画像

451化しているのですね。ブレーキのアダプターをワンオフ作成という、なんだか凄いことをやっちゃっています。

画像

マグネシウム製のシートポストやクランクセットも、参考出品。

特にミニベロや折りたたみ車の出展ブランドが少なかった中、関西では初の出展ということもあって、展示・試乗とも大盛況でした。

来場者の方から、「どこで買えますか?」と尋ねられることが多かったようですが、関西だと取扱店が少ないのが難点ですね。近々、店舗情報が更新されるようですので、ある程度増えるとよいのですが。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サイクルモードフェスタ2012(ESRマグネシア) ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる