ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS WACHSEN BA-101 WeiBが来た!組み立てた!

<<   作成日時 : 2011/07/19 23:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先日WACHSEN(ヴァクセン)さんを訪問してから、WACHSENの折りたたみ自転車が気になってきました。そんな時に、家族用の折りたたみ自転車を買うという話が出てきたので、ここぞとばかりにWACHSENを購入することにしてしまいました!

WACHSENといえば、WACHSEN BA-100 Angriff Maniacで有名なBA-100なのですが、敢えてメジャーなもの(?)は避けて、泥よけ、ライト、ロック付きでお買い得な感じのBA-101 Weißにしました。注文してから、到着まで1週間くらいかかるかな…と思っていたのですが、数日で届いたのにはびっくりしました。

画像

こんな感じの箱に入って届きます。箱の大きさは、「CTN SIZE(cm)/87×37×63」って書いてありますね。さりげなく「N.W.(kg)/12.8」と書いてあるのにも注目。若干ながら、13kgよりは軽いようです。

画像

箱の上面に書いてあるとおり、初期不良時の返品等がある場合には、この箱が必ず必要になります。「防犯登録は、初期不良がない事を確認してから行って…」というのは、防犯登録は車体番号(個々の自転車固有のシリアルナンバー)で行っているため、もし車体交換の場合には、新たな防犯登録をすることになってしまう(当然、登録料が新たにかかる)ためです。

画像

フタを開けると(金具で手をケガしないように注意)、こんな感じ。輸送時にキズや破損が無いよう、緩衝材などで養生されています。もし初期不良があって返品する場合は、梱包して送る必要があるので、どういう状態だったか携帯電話等で写真を撮っておくとよいかもしれません。

画像

車両本体に取扱説明書、簡易工具、六角レンチ(アーレンキー)、ハブナット用キャップが入っています。

画像

養生された本体の前輪側。付属品のヘッドライトがぶら下がっています。手前に置いてある靴べら(!)みたいなのは、泥よけ部品。ペダルは取付済なんですね。

画像

養生された本体の後輪側。…ペダル、付いてませんね。(添付はされていますので、ご安心を)

画像

注意書きと販売証明書。注意書きは、ハンドル固定が不十分であったことに起因する事故が、通販自転車で何件かあったことを受けてのものでしょうか。ただ、このBA-101の場合(注意書きでは「差し込みタイプ」に該当)は、ハンドルが前輪の向きと連動せずに曲がってしまうようなことが無い限りは、特に問題ないかと思います。

画像

自分で取り付けるペダル×1。おそらくドッペルギャンガー自転車で添付されているのと同じ、VPのものです。

この後は、

  • 緩衝材や結束材、添付品を自転車本体から外す
  • 折りたたまれている本体を、走行時状態に展開する
  • 部品の取付、調整
という感じで進めます。
緩衝材は、本体を返送する事態もあり得るので、念のため捨てずに箱の中に入れておきます。
そういえば、説明書は付いているのですが、BA-101専用のものではなく、必要な箇所を探して読む必要があります。面倒なので、結局読まずに作業を終えてしまいました。

画像

ペダルの取付時と、シートポストの取付時には、グリスを使うことにしています。ペダルに限らず、ネジを締める箇所については、グリスを少量塗っておくと、固着を防げるとのことです。また、シートポストの表面、シートチューブの内側にグリスを塗っておくと、キズやキシミ音が防げます。(塗りすぎると、シートポストの固定が難しくなるので注意)
グリスはデュラグリスでも何でも適当なものでよいと思います。katagiriの場合、パークツールの PPL-1 ポリリューブ1000 チューブ入 113g が手元にあったので使っています。チューブ入りだと、使い勝手が良いですよ。

画像
画像

とりあえず完成。工具を使って組み立てる箇所は殆どありませんが、

  • カッターナイフ(梱包取り外し時に使用)
  • プラスドライバー(ベル位置調整、カウボーイロック位置調整)
  • モンキーレンチ(ペダル取付、サドル角度調整)
程度を使いました。
後輪側の泥よけが浮きすぎて見えますが、これ以上後輪側に下げようとすると、Vブレーキに干渉してしまいます。取付金具をちょっと曲げる必要があるかもしれません。

画像

画像

折りたたんだときは、こんな感じです。案外安定している感じですが、前輪・後輪間をベルクロテープのようなもので固定した方がよいかもしれません。

調整ですが、とりあえずブレーキは大丈夫だろうということでいじりませんでした。変速の方は、ローギア(1速)に入らないという問題があり、ディレイラーのワイヤーの張り直し(9mmボックスレンチ、プライヤー使用)やインデックス調整(プラスドライバー使用)などが必要になりました。また、ヴァクセンの20インチ自転車はスタンドがセンターにあるので、クランクを回すときはスタンドが使えません。katagiriの場合はメンテナンススタンドを使いましたが、メンテナンススタンドをお持ちでない場合は、自転車を上下逆にして作業するのがお手軽です。(ハンドルやサドルが傷つかないよう、レジャーシート等の上で作業するとよいでしょう)

このあと、いつも夜に走っている10kmほどの練習コースを走ってきました。
BA-101のシートポストはかなり長いものが使われており、katagiriの身長(約178cm)でも十分にポジションを出せる感じです。また、フレームやハンドルのクイックリリースをしっかり固定してあれば、走行時にガタが出ることはなく、シートポストのきしみもありません。かなり安定した感じで、しっかり踏み込めばきっちり走ってくれます。タイヤは、KENDA KONTACT(20×1.75)という少々太目のものですが、走行抵抗は特に問題ありません。
あと、添付品のヘッドライトですが、夜道での走行時にも十分実用になる程度の照度はあるように思われます。
もう少し乗ってみないと分かりませんが、50km/日程度は十分走れそうな気がします。

そんなわけで、次回はいよいよ輪行で出かけて試してみたいと思います。





パークツール ポリリューブ1000 PPL-1 Y-8042
PARKTOOL(パークツール)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パークツール ポリリューブ1000 PPL-1 Y-8042 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WACHSEN BA-101 WeiBが来た!組み立てた! ゼロから始める折りたたみ自転車ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる